特殊なプリント手法

蓄光プリントは暗闇で1番目立つプリント手法です

蓄光プリント

蓄光プリントは名前の通り、光を蓄えて、暗闇で光るプリント手法です。暗闇では特に目立つプリント手法になります。光る時間は数十秒〜数分なのでずっと光ってるわけではないです。

記事を読み進めることで、蓄光の風合いや光り方などがわかります。

下記で動画等をご確認することができます。

続きを読む

インク飛ばし!Tシャツ汚します!(ドロッピング)

インクを飛ばすプリント手法です。使用するインクはラバーがメインになります。1枚1枚手作業でインクを飛ばすため個体差がでます。

インクを飛ばし後にベーキングなどですぐに乾かすとインクに気泡が大きく入るため、自然乾燥させて、最終処理でベーキング(熱処理)します。ですので通常のプリントよりも納期がかかります。

また、出来上がりイメージがお客様の希望とずれることが多い手法のため、必ずサンプルからご依頼ください。(別途サンプル代とサンプル納期がかかります)

下記からインク飛ばしプリントの画像や動画、価格などが確認できます。ぜひご覧下さい。

続きを読む

製品Tシャツに全面プリントをする!インクのはみ出しもOK

Tシャツ全面にプリントしたいと思ったことはありませんか?

丸昇ではそれが可能です。製品Tシャツに対してゴリ押し(無理やり?)で全面プリントする手法です。

インクジェットでも可能ですが、シルクスクリーンでやることによって、ハンドメイド感のある商品を作ることができます。

インパクトのある商品が作れますが、気をつけるデメリットもあります。

全面プリントの詳細などを下記にて詳しく解説しましたので是非ご覧ください。

続きを読む

ラメブラシ加工!無地の商品にラメ加工を施します

Tシャツを作りたいけど、無地だと味気ない、もっとゴージャスにしたい。そういったご要望にお応えするプリント手法です。

ラメを使うことで、既存商品にはないワンランク上の商品を作ることができます。

詳しく解説しましたので是非ご覧下さい。

続きを読む

日焼け加工!日焼けで色あせた感じを再現しました!

プリントだけでなく、商品自体を古着っぽくしたいと思ったことはありませんか?日焼け加工をすることでそれが実現できます。

カスレラバープリント超染み込みプリントなどと併用することで、より古着っぽい商品を作ることができます。

日焼け加工について詳しく説明しましたので是非ご覧下さい。

続きを読む

ローラープリント!壁にペンキを塗るようにプリントします。

普通のプリントには飽きてしまった。なにか変わったプリント手法はないの?そんなお客様におすすめのプリント手法になります。

ローラーを使用することによってカスレた風合いが独特な雰囲気の良いの商品を作ることができます。

1枚1枚風合いが変わるのも特徴です。詳しく説明しましたので是非ご覧下さい。

続きを読む

ポンポンプリント!独特なカスレかたをするプリント手法です。

独特な風合いのカスレたプリントをしたいと思いませんか?

カスレているんだけど、古着のようなカスレ感とは、一味ちがうカスレ方をお求めのお客様にオススメのプリント手法です。

ポンポンプリントはその名の通りポンポンとプリントした手法になり、1枚1枚手作業でプリントするので個体差が大きいプリント手法です。

詳しく説明しましたので是非ご覧下さい。

続きを読む

ペーパープリント!紙を貼り付けて加工をするプリント手法

紙を生地に貼り付けるプリント手法です。

通常の転写プリントとは違い、使用する紙も転写プリント用ではなく、普通の紙を使います。

紙を生地に貼り付けた後に、製品染めすることにより、独自の加工感ある商品を作り上げます。

そんなペーパープリントの単価や詳細は下記からご覧ください。

続きを読む

ローラーオパールプリント!ポリエステル混の素材をワイルドに加工します!

ローラーオパールプリントとは?特殊なインクを使用し、綿組織を破壊するプリント手法です。

通常のオパールプリントと違い、ローラーを使って、オパールインクを塗布することにより、ワイルドな仕上がりの、雰囲気ある商品が作れます。

下記からお見積り等確認できます。

続きを読む