ローラーオパールプリント!ポリエステル混の素材をワイルドに加工します!

ローラーオパールプリントとは?特殊なインクを使用し、綿組織を破壊するプリント技法です。

通常のオパールプリントと違い、ローラーを使って、オパールインクを塗布することにより、ワイルドな仕上がりの、雰囲気ある商品が作れます。

下記からお見積り等確認できます。

この技法のミニマムオーダー

50枚〜(新規・追加ともに)

ローラーオパールプリントとは?

※画像をクリックで大きくなります

s-opal1
s-opal2

オパールプリントとは、綿組織を破壊するインクを使用するプリント加工です。

綿組織のみを破壊するのでポリエステルなどの化学繊維部分は破壊されません。

上記画像の白く見えている部分がオパールされている部分です。ポリエステル繊維が残っているため、完全に穴が空いていません。

白い部分の生地は、たいへん薄くなっていて、メッシュ素材のような感じになっています。

綿100%の商品ではダメ?

オパールは、綿組織を破壊するプリント技法です。ですので、綿100%の商品に、オパールプリントをすると、完全に穴が開いてしまいます。

ですので、通常は綿とポリエステルの混率の商品でオパールプリントをします。そうすることにより、綿組織の部分のみ穴があき、メッシュ素材のような感じにプリントで柄を表現できます。

ポリエステル組織はオパールの影響を受けないので、完全に穴があくことはありません。

綿組織のオパールされた部分と、ポリエステル組織のオパールされていない部分のコントラストが売りのプリント技法になります。

ですので綿ポリエステルボディでの生産が基本となります。

ローラーオパールは洗いが必要です

生地に穴が空くほどの強い薬品を使いますので、プリント後に洗いが必要です。洗い代はこちら

洗いをかけるので商品は縮みます。縮みかたを最小限に抑えるには天日干しをおすすめします。(それでも多少は縮んだりします)

ローラーオパールは特殊な加工です

職人がローラーで1枚1枚、手作業でプリントします。かなり特殊な技法のため1枚1枚の出来上がりにある程度の差ができてしまいます。また、片面のみの加工は不可となります。ご理解の上のご注文ください。

アイテムによって表情が変わる

メーカーや、品番、ロットによってオパールしたあとの色味が変わります。このページで紹介している写真はあくまで一例です。どのような色味になるかは、加工してみないとわかりません。御理解の上ご依頼くださいませ。

作品例

ローラーオパールのお見積り

ローラーオパールの加工単価

枚数ローラーオパール(全面に加工)
50〜59枚1,050円
60〜69枚1,000円
70〜79枚950円
80〜299枚900円
300枚以上〜特別価格にてお見積り
  • 上記コストは、前後の全面プリントでのお見積りです。
  • 別途洗い代が必要です。 洗い代はこちら

価格例

枚数50枚80枚
プリント単価1,050円900円
Tシャツ単価520円520円
洗い単価100円100円
合計83,500円121,600円
1枚単価1,670円1,520円
  • 別途、送料、消費税がかかります
  • 使用ボディ:TCR-112の価格例です。その他最新のアイテム価格はこちら