ラバープリント!もっとも基本的なプリント手法

ラバープリントは一番有名なシルクスクリーンのプリント手法ではないでしょうか? でもラバープリントってどういう質感なんだ?どういう生地やアイテムに向いているんだ?色々な疑問などがあるかと思います。 この記事ではラバープリントがいかに万能なプリント手法かを詳しく解説しましたので是非ご覧ください。

ラバープリントとは?

もっとも基本的なプリント手法になります。染み込みプリントが生地に染み込んだ柔らかい風合いに対して、ラバープリントは生地の表面にインクがはりついているような質感になります。 お店で売っている、ほとんどの商品はラバープリントではないでしょうか。丸昇へプリントご依頼の際、特に手法の指示がなければラバープリントで進行いたします。 プリントと言えばラバープリント!そんな定番のプリント手法です。 ラバー ラバーUP rubber

ラバープリントなら濃色生地にも問題なし

染み込みプリントの場合、色の濃い生地にプリントすると、生地色の影響を受けて、発色よくプリントできません。プリントの色が沈んでしまいます。 ラバープリントは、生地の表面にインクがのるため、色の濃い生地にも、発色よくプリントをすることができます。 詳しくは下記リンクをご覧ください。プリント手法ごとのプリントの見え方をわかりやすく解説しています。

プリントの風合い徹底比較! 染み込み(顔料)、ハーフラバー(半ラバー)、ラバープリント

ラバープリントの種類

ラバープリントといってもインクの種類はたくさんあるため、色々な風合いがあります。大きくわけると油性ラバー、水性ラバーの2種類に分かれます。字を書くマジックでも油性ペンと水性ペンがあるようにプリントにも種類があります。 丸昇は水性インクをメインとして採用しています。油性ラバーがゴムのようなタック感のある質感だとしたら、水性ラバーはサラサラ、カサカサといった質感になります。 水性だからといって耐久度が悪いわけではないのでご安心ください。百貨店の品質基準もクリアしているインクを使用します。 現代は環境問題にも厳しい時代ですので、日本のお店で見かけるプリントのほとんどは水性顔料を使ったプリントがメインとなってきています。

プリントコストも一番リーズナブル

プリント価格も染み込みプリントと同じく、丸昇で一番コストのかからないプリント手法になります。

このような方にラバープリントをおすすめします

  • とにかく安く商品を作りたい
  • 定番のプリント商品を作りたい
  • とくにプリント手法にこだわりがない場合

非常に細かい線や点について

版のインクの目詰まり等が影響し、ある1枚では表現できている細かい線が、別の1枚では消えてしまうリスクもございます。ご理解の上での進行となります。

ラバープリントのお見積り

単価目安

color-tee
枚数1色2色3色4色以降1色増えるごとに下記料金を追加
30〜39枚250円300円350円400円+50円
40〜49枚200円240円280円320円+40円
50〜59枚150円180円210円240円+30円
60〜69枚130円160円190円220円+30円
70〜79枚120円150円180円210円+30円
80〜299枚100円130円160円190円+30円
300枚〜特別価格にてお見積りいたします。

下記に当てはまる場合は別途お見積もりになります。

  • 特別な素材の場合(ポリエステル100%など)
  • デザインがアイテムからはみだす場合
  • マスキング等が必要な場合
  • プリントが縫製箇所等にかかる、または、ギリギリの場合

版代

1版 7,000円

プリントの最大サイズ

こちら

コミコミ価格例

ラバープリント1色の場合

rubber-083

Tシャツ代、プリント代コミコミで
30枚作製した場合 1枚803円〜
50枚作製した場合 1枚610円〜
100枚作製した場合 1枚490円〜
別途送料、消費税

ラバープリント1色の場合

rubber-242

パーカー代、プリント代コミコミで
30枚作製した場合 1枚1,573円〜
50枚作製した場合 1枚1,380円〜
100枚作製した場合 1枚1,260円〜
別途送料、消費税

両袖にラバープリントの商品例

下記よりご確認ください。

長袖にプリントも丸昇ではもちろん可能です!